AGAとは何か

脱毛症や抜け毛、薄毛などをインターネットで調べると、必ずと言ってよいほど検索エンジンにヒットするのがAGAという単語なのですが、近年はアルファベットの略語がどんどん出てきているので、よく意味が分からないという人もいるでしょう。では、AGAというのはどのような意味なのでしょうか。

AGAというのは男性系脱毛症のことで、数多くある脱毛症の一種なのですが、主な脱毛症の種類として、男性系脱毛症以外にも、円形脱毛症、壮年性脱毛症、脂漏性湿疹などがあります。そんな中でも男性に最も多くなっているのが男性系脱毛症であり、男性の場合には10人に1人の割合で掛かっていると言われています。

しかもAGAになったからと言って、見た目が悪くなるだけで、体のどこかに影響が出るという訳ではありませんし、頭皮に異常がある訳でもないため、治療を行うことは可能ですが、健康保険が適用にならないというデメリットがあります。よってAGAの治療を行う場合には、全額自腹で支払いを行う必要があることや、治療が終わるまで長期間かかるので、かなりの費用が必要になってしまいます。 更にAGAの治療は恥ずかしいという人も多いことから、かつらをかぶってごまかしてしまうという人や、特に気にしないという人もいるのですが、やはり多くの男性は髪の毛が薄くなることを気にしているのが現状です。ただし、他の脱毛症の場合には健康保険が適用される場合もあります。

当サイトではAGAに悩む人を助けるための情報を色々と提供させていただきますので、少しでも参考になれば幸いです。